非常時の心得

◎火災時

 

・パニックに陥らないように、できるだけ落ち着いて冷静にふるまう。

・火災時ベル→ヘルダリン校の授業開始・終了のブザーの連続音(ジリジリジリジリ・・・)。

・児童・生徒の避難はクラス担任の指示によりクラス毎に行われる。保護者は教員に協力して、児童・生徒の避難の手助けをする。

・避難経路は各教室ドア横にある、ヘルダリン校の避難経路図に準じる。

・煙を吸わないように、口と鼻をハンカチや腕で押さえ、低姿勢で避難する。

最終集合場所は、Friedrich-Ebert-Platz(P10の駐車場の上の広場)各クラス担任による避難終了・点呼の後、保護者に児童・生徒を引渡す。

 

****************************************

◆火災時の日直の役割(詳しくは「日直の仕事」を参照)

【控室前日直】

 ➡拡声器のサイレン(補助として拡声器のアナウンス、非常笛)を用いて、

全員に“緊急事態宣言をする

ドアが閉まった教室内には拡声器のアナウンスや非常笛の音は聞こえづらいので、拡声器のサイレンを鳴らし続ける。

【幼稚部日直/小・中学部日直】

 ➡各教室へ火災の発生を告知。

 ****************************************

◎不審者侵入時

 

 ・パニックに陥らないように、できるだけ落ち着いて冷静にふるまう。

・不審者侵入時ベル→通常の授業開始・終了とは違うブザーの連続音(ブルーッツ、ブルーッツ・・・)。

・不審者侵入の際は、即時教室に閉じこもりドアを椅子等で固定する「ロックダウン」を行う。

廊下やトイレにいる児童・生徒は近くの保護者が保護。保護者控室に誘導。

・保護者は保護者控室に避難。(保護者控室まで行くのが困難な場合は、一番近くの教室に避難)。

声を出さずにじっとして、警察の到着を待つ。安全確認アナウンスがあるまでそのまま待機。

 

 ****************************************

◆不審者侵入時の日直の役割(詳しくは「日直の仕事」を参照)

【控室前日直】

 ➡拡声器のサイレン(補助として拡声器のアナウンス、非常笛)を用いて、

全員に“不審者緊急事態宣言をする

ドアが閉まった教室内には拡声器のアナウンスや非常笛の音は聞こえづらいので、拡声器のサイレンを鳴らし続ける。

 【幼稚部日直/小・中学部日直】

 ➡各教室へ不審者侵入を告知。

 ****************************************